株式会社メイプルリンクのフリーダイヤルバナー画像
ソリューヴ法人向け販売プランバナー画像

セントラル浄水器『ソリューヴ』性能試験成績書

性能試験成績書について

以下の資料は、セントラル浄水器『ソリューヴ』の浄水性能を示した第三者検査機関での性能試験の成績書です。セントラル浄水器『ソリューヴ』は水道法基準に基づき適性に製品の品質・性能を第三者検査機関にて試験を行い、「自己認証制度」のもと、自社にて水道法基準適合を証明し「認証」を行う「自己認証」にて製品を提供しております。(※「セントラル浄水器(元付け浄水器)」などの水道メーター直後に設置する浄水器は、全て「自己認証製品」となります。)

尚、以下の資料の一般公開につきまして、水道工事事業者様(指定給水装置工事事業者)や工務店・建築設計事務所様など、浄水器の設置工事を行う際に、確認・閲覧・提出が必要となる資料に関しては透かし加工はしておりませんが、原則全ての資料は転載厳禁です。

水質検査成績表

試験のポイントと読み方

厚生労働大臣登録水質検査機関「社団法人東京都食品衛生協会 東京技術研究所」にて行なった水質基準検査の結果になります。通常の水道水とセントラル浄水器『ソリューヴ』で浄水した後の状態を比較するために、2つの状態の数値を閲覧することができます。

検体名が「当所タンク水」になっている資料が通常の水道水、検体名が「浄水装置(SOLUVE)通過水」になっているものが、セントラル浄水器『ソリューヴ』を通過した水道水になります。

試験結果成績書

※PDF資料をご覧頂けます。以下をクリックして下さい。

結果

総トリハロメタンやクロロホルム等、遊離残留塩素の数値などをご覧いただくと、『ソリューヴ(SOLUVE)』設置後と比べ浄水されている事が示されています。(各数値とも測定限界値:’…未満’)

侵出試験

試験のポイントと読み方

財団法人日本食品分析センターにて行った侵出検査になります。ポイントとしては「定量下限値」を下回り基準を満たしているかの試験になります。

試験概要

検体についてJIS S 3200-7:2004「水道用器具-侵出性能試験方法」により、カドミウム及びその化合物等の侵出試験を行いました。

試験結果成績書

※PDF資料をご覧頂けます。以下をクリックして下さい。

結果

全ての項目において基準値である「定量下限値」を下回り、「検出せず」という結果になりました。

耐圧性能試験・水撃限界性能試験成績書

試験のポイントと読み方

水圧・水撃などへの耐性試験となります。

試験概要

「耐圧性能試験」 JIS S 3200-1:2012「水道用器具-耐圧性能試験方法」。負荷水圧:1.75MPa

「水撃限界性能試験」 JIS S 3200-3:1997「水道用器具-水撃限界性能試験方法」。動水圧:0.15MPa、上昇水圧:0.28Mpa

試験結果

「耐圧性能試験」 : 異常なし

「水撃限界性能試験」 : 異常なし

試験結果成績書

※PDF資料をご覧頂けます。以下をクリックして下さい。

結果

「耐圧性能試験」「水撃限界性能試験」共に「異常なし」という結果になりました。

ろ過流量試験・最小動水圧分析試験

試験のポイントと読み方

ろ過流量及び最小動水圧の分析試験になります。

試験概要

JIS S 3201:2019「家庭用浄水器試験方法」。区分:連続式浄水器

試験結果

「ろ過流量」 : 39 L/min

「最小動水圧」 : 0.01 MPa以下

試験結果成績書

※PDF資料をご覧頂けます。以下をクリックして下さい。

PFOA及びPFOS除去性能試験

試験のポイントと読み方

令和2年6月11日の環境省報道発表及び一部報道を受け、弊社ではセントラル浄水器『ソリューヴ』の有機フッ素化合物「PFOS及びPFOA」の除去試験を第三者検査機関を通して行いました。

試験概要

検体に, パーフルオロオクタン酸(以下「PFOA」という。)及びパーフルオロオクタンスルホン酸(以下「PFOS」という。)をそれぞれ約50 ng/L, 合計濃度として約100ng/Lとなるように調製した原水を通水し, 得られた通過水及び原水についてPFOA及びPFOSを測定した。なお, PFOSは異性体を含めて定量した。

試験結果

通過水量 動水圧(MPa) 水温(℃) 分析試験項目 結果(ng/L) 除去率(%)
結果(ng/L) 通過水 結果(ng/L)原水
10分間通水後 0.02 21 PFOA 検出せず 52 99以上
PFOS 検出せず 60 99以上

試験結果成績書

※PDF資料をご覧頂けます。以下をクリックして下さい。

結果

セントラル浄水器『ソリューヴ』の有機フッ素化合物PFOA及びPFOS除去性能試験結果は、PFOA及びPFOS共に除去率99%以上。セントラル浄水器『ソリューヴ』を通して浄水した水道水にはPFOA及びPFOSは「検出せず」という結果になりました。

セントラル浄水器『ソリューヴ 』PFOS及びPFOA除去性能試験

【試験結果あり】有機フッ素化合物は浄水器で除去できるか試験

CAT(農薬)ろ過能力試験

試験のポイントと読み方

CAT(農薬)の除去試験です。

試験概要

JIS S 3201:2019「家庭用浄水器試験方法」連続式浄水器によって、CAT(2-クロロ-4、6-ビスエチルアミノ-1、3,5-トリアジン)ろ過能力を試験

試験結果

「CAT」は検出せず

試験結果成績書

※PDF資料をご覧頂けます。以下をクリックして下さい。

結果

セントラル浄水器『ソリューヴ』のCATろ過能力試験結果。セントラル浄水器『ソリューヴ』を通して浄水した水道水には「CAT」は「検出せず」という結果になりました。