株式会社メイプルリンクのフリーダイヤルバナー画像
ソリューヴ法人向け販売プランバナー画像

【必見】水道工事の独立開業で扱える商材

作成日 :
「【必見】水道工事の独立開業で扱える商材」画像

「給水装置工事主任技術者の免許を取得して現場経験も重ねてきたので、そろそろ指定給水装置工事事業者として独立開業を検討しています。主な事業は水道工事ですが、浄水器の設置などの依頼も多くある中で、工事だけではなく製品の仕入れから入ることができれば、事業経営の面から見ても強みが出るなと考えています。何か良い製品はないでしょうか。」

「独立開業の際、技術を活かして差別化できる商材がないかとお探しの方も多いかと思います。水道工事の技術を持つ事業者様にお勧めの製品がありますのでご紹介します。」

セントラル浄水器『ソリューヴ』公式直販ページリンク画像

まずは弊社のご紹介

弊社、株式会社メイプル・リンクは、創業29年のセントラル浄水器メーカーです。セントラル浄水器『ソリューヴ』の企画・製造・販売を行なっております。長年セントラル浄水器の販売を行なっている弊社が、気になる疑問についてお応えします。

おすすめはセントラル浄水器『ソリューヴ』

「今回ご紹介するのは、セントラル浄水器『ソリューヴ』になります。」

「セントラル浄水器は聞いたことはあります。」

「セントラル浄水器『ソリューヴ』の設置イメージ図」画像

「セントラル浄水器」は、水道メーター直後に取り付けるタイプの浄水器で、「元付浄水器」「元栓直結型浄水器」などとも言われています。元付型になりますので、キッチン下などに蛇口に取り付けるタイプの浄水器と異なり、基本的には屋外設置になります。以下は、弊社のセントラル浄水器『ソリューヴ』の設置事例になります。

セントラル浄水器『ソリューヴ』設置例図

「なるほど。メーター直ぐの場所に設置するんですね。」

「この位置に設置することで、生活水を全て浄水することが可能になります。一般的な浄水器が、キッチンなどの蛇口から先の浄水しかできないのに対して、「セントラル浄水器」をご要望のお客様のニーズは、ズバリ生活で使う全ての水の浄水にあります。」

戸建ては屋外・マンションはメーターボックス内に設置

設置環境の画像

具体的な設置箇所は、一般的な戸建て住宅は屋外。マンションなどの集合住宅は、メーターボックス内になります。ケースによっては、ガレージなどの半屋内や、スペースを確保できる場合は、屋内設置を希望される方もいらっしゃいます。

設置環境はお住まいによって違う

セントラル浄水器を設置する環境は、お住まいによってそれぞれ異なります。まず起点となるのが、水道メーターの場所です。浄水器を設置できるだけの十分なスペースが確保可能なのか。また、設置する場所は、土なのかコンクリートや石などが敷設されている環境で、削りや穴あけなどの「はつり工事」が必要な場合もあります。庭などがあれば、散水栓の場所や、設置場所に砂利や植木があることもあります。住宅以外にも駐車場の位置が関係することもあります。寒冷地などでは、凍結防止のヒーターを取り付けるための電源の場所も重要です。

一方、マンションなどの集合住宅では、原則、メーターボックス内に設置しますが、そのボックス内の環境も様々です。十分なスペースを確保できる環境であれば良いですが、狭い場合もあります。又、ボックス内は広くても配管の状態によっては、理想通りの設置ができない場合もあります。そのような場合は、変形可能な配管であるフレキシブル管(フレキ管)を使うこともあり、きちんと後々のカートリッジ・フィルターを交換するための作業スペースを確保しつつ、設置工事することが重要です。

このようなことから、工事の現場においては物理的に設置ができないというケースも存在します。

「確かに、そうですね。なんとなくイメージできます。」

セントラル浄水器『ソリューヴ』が水道工事の独立開業で、商材として使える3つの理由

【その1】「セントラル浄水器」は必ず設置工事が必要な商品

「これまでのお話でお分かりいただけるように、「セントラル浄水器」は必ず設置に工事が伴います。その点ではビルトイン浄水器なども同じですが、設置工事そのものに価値があります。事業者様自体で工事ができなければ、外注する必要がありますが、そうでなければ、この部分が付加価値化できます。」

「なるほど。製品を仕入れることができれば、ビジネスとしては、製品の差益と工事費用ということですね。」

「はい。」

【その2】直販では、取り扱いに販売代理店契約が必要ない

セントラル浄水器の販売方式は大きく分けて3つに分けられます。主にメーカー直販・販売代理店方式・レンタルになります。この中で、仲介で扱えるものは販売代理店方式になりますが、取り扱いを行う為には、原則契約及び仕入れ条件などがあります。

しかし、事業者様が自社の顧客向けにオプションなどで一時的に『ソリューヴ』を扱いたい場合、とてもハードルの高いものになります。このようなニーズに柔軟にお応えすべくご用意したのが、「法人・個人事業主様向けの販売プラン」です。

「確かに、なんの条件もなく製品を卸価格で仕入れができることはありませんからね。」

現在、弊社ではセントラル浄水器『ソリューヴ』をお求めの全国のお客様に向け、設置を最寄りも工事店にご依頼することを条件に直販の窓口を設けております。これにより、販売代理店様の対応エリアに関係なく遠方のお客様でもご利用できるようになりました。

その際、この直販窓口では、設置工事を行う事業者様に対し、ビジネス的メリットをご提案できるよう「法人・個人事業主様向けの販売プラン」をご用意しました。そちらでは単体割引・数量割引などの仕入れのコストメリットをご提案しております。

これによって、販売代理店契約及び仕入れの条件に関係なく、また、事前の相互契約なしで、柔軟に一台から製品を扱うことが可能になります。

また、卸のプラットフォームにもAmazonBusinessを採用しております。法人・個人事業主様であれば、直ぐにアカウントを作成することが可能ですので、そちらから必要に応じて、特別価格で仕入れを行っていただけます。

「なるほど。あくまで本業に紐づいた補完的な商材として扱いたい場合。メインの事業があるわけですから、販売の目処も立たない状態だと、販売代理店として条件をこなせるか見通せない部分もありますね。でも、ビジネス的にお客様におすすめできる他の商材が欲しいという時に、このように仕入れができることはメリットになると思います。」

【その3】Amazonで仕入れが行える。

AmazonBusinessでは、法人向けの決済オプションが用意されているので、事業所に応じた決済が行えるのも利点の一つです。

「なるほど。その点はいいですね。あと、一つ気になるのは、日水協(公益財団法人日本水道協会)の認定があるかということですが…。」

「こちらについては、以下でご説明します。」

セントラル浄水器と自己認証製品と水道工事の関係

検査が合格した画像

セントラル浄水器などの住まいの大元に設置して浄水する浄水器は、“全て“自己認証製品になります。

「自己認証制度」とは、給水装置の製造業者等が、自ら製造過程の品質管理や製品検査を適正に行い、水道法の性能基準に適合した製品であることを自ら認証する制度のことです。これは、法律で決められており、きちんとこれを遵守している製品は、信頼のおけるセントラル浄水器となります。

セントラル浄水器『ソリューヴ』も、各項目につきまして第三者検査機関において試験を行っております。以下のページより各認証製品証明書類及び成績書をご覧いただけます。自治体への申請書類として必要な場合も、適宜ダウンロードしてお使いいただくことが可能です。

自己認証製品について セントラル浄水器『ソリューヴ』性能試験結果ページリンク画像 セントラル浄水器『ソリューヴ 』PFOS及びPFOA除去性能試験ページリンク画像

「きちんと製品のエビデンスが取れているのであれば、取り付けは可能です。」

まとめ

「いかがでしたでしょうか。水道工事の独立開業で扱える商材についてご理解いただけましたでしょうか。」

「はい。これから独立開業するのに、他とは違ったご提案ができれば良いなと思っていたので、確かにこれは使えると思います。」

「では、セントラル浄水器について詳しくご説明しているページもご用意しておりますので、そちらを是非ご覧ください。また、弊社セントラル浄水器『ソリューヴ』に関しても特別ページをご用意しておりますので、そちらも合わせてご覧ください。」

セントラル浄水器『ソリューヴ』公式直販ページリンク画像

おすすめ関連記事

「以下の関連記事も、是非ご覧ください。」

セントラル浄水器(元付浄水器)とは?メリットとデメリット 【何が問題?】水道水の塩素と除去対策を徹底解説 【証拠あり】 浄水器で水道水の赤錆は除去できます 【必見】お湯が使える浄水器は入口で浄水します
ソリューヴランディングページバナー画像