株式会社メイプルリンクのフリーダイヤルバナー画像
ソリューヴ代理店募集バナー画像

セントラル浄水器(元付浄水器)とは?メリットとデメリット

バスルームの図

セントラル浄水器(元付浄水器)とは?

いざ浄水器選びを始めると、様々な種類の商品があり迷うと思います。蛇口に取り付ける簡易的なものから、アンダーシンク型のタイプ。またシャワーヘッドのような部分的に浄水するものなどもある一方で、本格的に調べてみると目にする「セントラル浄水器」。このページは、「セントラル浄水器に興味があるけど、よくわからない。」「実際、普通の浄水器と何が違うの?」という、そういった疑問にお応えします。


セントラル浄水器とは、あなたの住まいの大元につける浄水器

私たちが毎日使う水道水は、地域の浄水場から、インフラである配水管や給水管などを通って、あなたの家やマンション、施設に供給されます。その供給される住まいの入り口には水道メーターがあり、毎日の使用量が計算されます。つまり、水道メーターを境に、外側を『公』とした場合、内側は『私』ということになります。そして、セントラル浄水器は、その水道メーターの内側すぐに設置するタイプの浄水器です。
キッチンやシャワーの”出口”に取り付ける部分浄水とは異なり、大元に取り付けることにより、その名の通りあなたの家やマンション、施設内の全ての水道水を浄水することができます。
「元付浄水器」「元栓直結型浄水器」など他の呼び名もありますが、多くは同じものを指しています。

セントラル浄水器の3つのメリット

①家中全ての水が浄水できること

ソリューヴのある暮らしと浄水生活のイメージ図

住まいの大元に設置してしている最大のメリットは、家やマンションの中に余計な設備をつけることなく、そのままの状態で全ての蛇口から浄水された水が利用できることです。浄水器の役割は、”浄水すること”以外にはありません。浄水された水が安定的に使えることが役割になります。当然、蛇口の先に取り付けるような簡易的な浄水器とは異なり、大元から浄水する分、カートリッジ(フィルター)の性能などで流水量も変わってきます。よって、セントラル浄水器は、普通の浄水器に比べて、大きい濾過カートリッジ(フィルター)を内包する機構になっています。

②浄水したお湯が使えること

お湯の通水図

2つ目のメリットとして、住まいや施設の大元に設置することで浄水したお湯が使えるようになることです。蛇口やシンクに取り付けるタイプのものや、シャワーヘッドタイプのものなどは出口に浄水器を取り付けているので、お湯がカートリッジ(フィルター)を通水します。これは、当然カートリッジ(フィルター)の機能が損なわれる原因にもなってしまいます。しかし、セントラル浄水器の場合、大元から浄水します。ということは、浄水された水がお湯になるので、お湯がカートリッジ(フィルター)を通ることはありません。このように、カートリッジ(フィルター)の劣化を気にせず、お風呂やシャワーなどでも気兼ねなく使えるというのは、大きな特徴です。

【夏本番】お風呂”も”浄水器が必要な理由

③ランニングコストが安いこと

飲み水にしか利用しないというのであれば、そもそもセントラル浄水器を検討しないでしょう。しかし、ウォーターサーバーなども継続して利用していけば、当然コストはかさみます。セントラル浄水は、初期の設置時のコストは高いものの、ランニングコストはカートリッジ(フィルター)交換のみです。そもそも、水道水を浄水して使うわけですから、一日の浄水コストとしては、水道代+αととても安価で、それを、キッチンや飲用のみならず家中の様々なシーンで使用することができます。また、このようにどんな用途でも、気兼ねなく浄水された水が使えるのは、大元からの浄水を可能にするセントラル浄水器だけですので、日常的に水を使うという方であれば、その利便性とコストパフォーマンスを享受できることと思います。

セントラル浄水器のデメリットは工事と初期費用

初回の設置工事が必要になる

これは、セントラル浄水器の最大のデメリットです。大元に設置するということは、設置工事が必要になります。基本的には、お近くの工務店や水道業者さんにご依頼いただくことになりますので、量販店などで購入できる浄水器よりも準備が必要になります。又、一部の住環境によっては、設置に際し許可が必要なケースもあります。

設置時の価格が高い

量販店やインターネットなどで購入できる安価な部分浄水器に比べて、セントラル浄水器は、一般的に高額な商品になります。その大きな理由は、設置工事が必要なことなどもあり、工務店や販売代理店経由での流通が主だからです。住まい全体の浄水を可能にするには、大元での設置工事が必要になります。しかし、一度設置してしまえば、後は、年度ごとのカートリッジ(フィルター)交換のみが基本です。
弊社でも、創業当時からお使い頂いているお客様も多くおられます。ソリューヴの場合ですと、ステンレス製の本体は永年使うことができますし、引越しの際もそのまま移設することも可能です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
セントラル浄水器は、普通の簡易的な浄水器とは異なり、量販店などでは購入できませんが、浄水できる範囲や浄水量は市販のものと全く異なります。
セントラル浄水器の歴史は、意外に古く弊社も企画開発・製造・販売を開始してから25年が経ちました。お使いいただくお客様は、長年ご利用いただいておりますし、公共インフラを守る水道事情(公衆衛生上不可欠な塩素の使用や、配管などのメンテナンスの必要性など)は今後も変わることはないでしょう。その一方で、「私」を守る浄水器そのものは、私たちの生活の中の当たり前のものとして、数十年たった今でも多く使われています。
水は毎日使うものですので、一度、比較ご検討してみてはいかがでしょうか。

【全解説】マンションへのセントラル浄水器(元付浄水器)の設置と水道事情
【水道水を飲む】浄水器からみえる水道環境の現実

ソリューヴスペック表バナー