株式会社メイプルリンクのフリーダイヤルバナー画像

【全解説】マンションへのセントラル浄水器(元付浄水器)の設置と水道事情

マンションのイメージ画像

セントラル浄水器をマンションに取り付けるにはどうすればいいの?

分譲や賃貸マンションにお住まいで、セントラル浄水器を検討したい場合、まず何をすれば良いかわからないといった声が聞かれます。
「我家は賃貸だけど、取り付けってそもそもできるの?」
「マンションを買って、セントラル浄水器をつけたいけど、普通に取り付けていいんだよね。」
「うちのマンションは築年数古いから受水槽の管理とか考えると、浄水器が欲しいんだけど、まず何をすればいいの?」
マンションと言っても、分譲や賃貸では異なります。このページでは、セントラル浄水器の設置までの流れに関する疑問にお答えするとともに、マンションにおけるセントラル浄水器のメリットにもお答えします。

マンションならではの水道問題

配水管から家庭内につながる給水管へ直結される戸建て住宅とは異なり、マンションならではの問題として、その給水方式があります。これまで、マンションの多くが採用していたのが受水槽(貯水槽)型の給水設備です。これは、配水管を通ってきた水道水を一旦受水槽(貯水槽)に貯め、各住戸に給水するシステムです。古いタイプのマンションなどは、施設内に給水するための圧力が弱かったため、屋上などの高い場所にポンプで揚水し、重力の力を借りて給水する「高置水槽方式」がその多くを占めていました。

貯水槽の画像

一方で、水道メーターから先の管理は、施設側の責任で行われることが定められており、受水槽(貯水槽)の水質管理は、マンションの所有者や管理組合が行うことになります。そのため、点検や清掃が不十分であったり、受水槽(貯水槽)自体の劣化などによる水の濁りやサビ・ゴミ、藻の発生などの問題点がありました。加えて、受水槽(貯水槽)の容量がマンション全体の水道使用量に比べ大きいと、水道水の滞留時間が長くなります。つまり、水が流れず止まっている時間が長いと水質悪化の原因となり、残留塩素の濃度も下がりますので、このようなことも保険衛生上の観点で問題となっていました。

こういった事を受け、最近では、各自治体においても「直結給水方式」の給水設備が広く推奨されており、これまでのように一旦水道水を貯めるのではなく、各住戸に直接給水できるような設備が標準になってきました。また、増圧ポンプを設置した「増圧直結給水方式」の設備を導入している大規模なマンションも増えており、これまでよりも安定的な給水が可能になってきています。

セントラル浄水器をマンションに取り付けるニーズ

清掃前の貯水槽の画像

–[※清掃前の貯水槽内の画像(弊社資料)]–

近年、マンションにおける給水設備は向上しているとはいえ、従来設備のままのマンションも多くありますし、残留塩素そのものの問題自体を気にされるお客様も多くいらっしゃいます。前述の通り、マンションの施設管理側には、年1回以上の水質検査(残留塩素の濃度を確認)と水槽内の清掃が法律で義務づけられていますが、管理不十分による衛生管理の問題が指摘されることも少なくありません。しかし、受水槽(貯水槽)方式は、維持メンテナンスの問題がある一方で、災害時・緊急時の断水による給水が可能なため、いざという時の備えのためにはメリットがあることも事実です。昨今の地震による震災の状況を考えると、そのような備えはとても大切になります。
マンションでのセントラル浄水器の需要があるのは、外部環境に依存することなく、平時においても我が家の水道環境を守るという目的があるのは、お客様のお声を伺う中で感じます。

セントラル浄水器はマンション販売や賃貸物件の差別化になる

賃貸マンション開発でセントラル浄水器を常設するケースや、分譲マンションのオプションでの導入事例もあります。セントラル浄水器による住まいや施設全体への浄水が、多様化するニーズに応える選択肢となっているのは事実です。弊社でも、分譲・賃貸マンションのみならずフィットネス施設や保育園などの大型施設での常設実績もあります。最近では、特に出産や子育てが控えている若い世帯からのお問い合わせも多く、住まい全てに浄水機能が行き届いていることは、マンション選びの一つの検討材料になり得るでしょう。
では、ここからは実際にマンションに導入する場合に必要な流れをお伝えします。

セントラル浄水器のマンションへの導入の流れ(例:ソリューヴ)

分譲マンションでも、賃貸マンションでも、設置場所のパイプスペースはマンションの共有部分にあたるため、管理組合やオーナー様、大家様などに申請が必要になります。パイプスペースとは、水道メーター器やガスメーター器などが設置してあるスペースのことです。パイプシャフトとも呼ばれることがあります。多くのマンションでは、玄関脇にパイプスペースの扉がありますので確認してみてください。管理組合に「専有部分改修工事施工申請書」を提出するのが、戸建て住宅と違うステップになります。以下は、弊社製品であります「ソリューヴ」を例に流れをご説明します。

ソリューヴ設置までの流れ(分譲マンションの場合)

  1. 各販売代理店様よりソリューヴ導入の連絡受付
  2. 施工場所の確認と施工可否の判断
  3. 施主様(大家様)より「専有部分改修工事施工申請書」の申請
  4. 集合住宅管理組合様より承認受付
  5. ソリューヴ本体のご注文
  6. ソリューヴ発送・納品
  7. ソリューヴ設置工事
  8. 施主様への設置報告と工事内容のご承認

ソリューヴ設置までの流れに関する情報

マンションと戸建ての大きな違いとしては、管理組合に「専有部分改修工事施工申請書」を提出するという部分です。これは、パイプスペースにある水道メーターの2次側(専有部分)に浄水器の取付工事を行う為の申請書類になります。

賃貸マンションへの導入の流れ(例:ソリューヴ)

賃貸マンションに関しましても、分譲マンションと同様に「専有部分改修工事施工申請書」の提出と、管理組合への許可が必要な場合があります。設置にあたりまして、マンションのパイプスペースに、原状復帰を前提とした工事を行います。配管工事を行うことに加えて、パイプスペース内に浄水器を設置する旨をお伝えする必要があります。また、賃貸マンションの場合、転居の際の原状復帰が原則ですので、特に浄水器設置前(工事前)の写真を撮影し、保管しておく事をお勧めします。

セントラル浄水器の設置イメージ

セントラル浄水器 設置イメージ図

設置イメージは上の図のような形になります。(あくまでこれは弊社「ソリューヴ」の場合です。)設置に関して、既設配管を切断することはありません。量水器(メーター)から順番にネジを外していき、直管またはエルボ部分で隙間を作ります。その隙間部分にバイパス管路とソリューヴの往復管路を作ります。前述の通り、撤去時は原状復帰可能です。ソリューヴのケースでは、お引越しの際も次の転居先でご利用されることが多く、そのまま移設も可能です。
マンションの場合、配管が見えていますので、一戸建ての時のように探す手間はありませんが、設置スペースが非常に狭い場合が多く配管工事を柔軟に行なえる製品でないと取付けは難しくなります。配管が付属しないセントラル浄水器本体のみの製品なら、柔軟に配管工事を行なえるので、マンションで設置が可能になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。各メーカーごとで違いはあると思いますが、弊社「ソリューヴ」を例にマンションにおけるセントラル浄水器の設置の流れと、マンションに独特の水道環境におけるセントラル浄水器設置のメリットをお伝えしました。住まいに何がしかの浄水設備を導入するのが一般的になっている昨今、家中全体を浄水できるセントラル浄水器のメリットは、とりわけマンションなどの集合住宅の場合はあるというがお分り頂けたでしょうか。

セントラル浄水器(元付浄水器)とは?メリットとデメリット

ソリューヴスペック表バナー