株式会社メイプルリンクのフリーダイヤルバナー画像
ソリューヴ法人向け販売プランバナー画像

【必見】お湯が使える浄水器は入口で浄水します

作成日 :
更新日 :
「【必見】お湯が使える浄水器は入口で浄水します。」画像

「色々考えて浄水器の購入を検討してます。インターネットで製品の注意事項を見ていて気付いたんですが、浄水器ってお湯は使えないんですか?生活の中でお湯を使うことって結構あるので、ちょっと不便だなって思いました。」

「生活の中ではお湯を使う場面は結構ありますね。では、浄水器でなぜお湯が使えないかの理由と、お湯が使える浄水器をご紹介します。」

セントラル浄水器『ソリューヴ』公式直販ページリンク画像

まずは弊社のご紹介

弊社、株式会社メイプル・リンクは、創業29年のセントラル浄水器メーカーです。セントラル浄水器『ソリューヴ』の企画・製造・販売を行なっております。
では、長年浄水器を扱っている弊社が、お湯と浄水器の関係について解説します。

【結論】浄水器でお湯が使えない理由は、カートリッジ・フィルターが消耗するから

浄水器でお湯が使えない理由として、カートリッジ・フィルターの消耗という問題があります。お湯がフィルターを通ることで起こる消耗とは具体的に以下の2点です。

  • 1. 活性炭が膨張し、吸着(ろ過)した不純物が流れ出す。
  • 2. 浄水器本体やフィルターの部品(ゴムパッキン)などの消耗。

浄水器に使われている活性炭によりますが、その基準値として一般的に言われているのが約35度です。

ここでいう不純物とはつまり、残留塩素やトリハロメタン、カビ臭・カナケ臭などの成分、水道管の赤錆やゴミ、有機物などになります。浄水の過程で活性炭などに、それらが吸着し、綺麗な水を使うことができるのですが、お湯を使うことで、この活性炭が膨張し、それらの不純物を離してしまいます。

活性炭が使えなくなると浄水が機能していないのと同じ状態になってしまいます。

一部、お湯浄水対応の製品なども存在するようですが、一般的なカートリッジ・フィルターは35度を基準にそれ以上の温度での使用を控えるよう記載されています。

「製品ごとに調べてみると確かに記載されていますね。でも、お湯を使える浄水器ってないんでしょうか?」

「そういう疑問が出てきますね。実はあります。それがセントラル型(元栓直結型)の浄水器です。」

「セントラル型の浄水器!?」

「はい。」

フィルターが消耗するのは出口で浄水するから、入り口で浄水すれば浄水できる

ほとんどの浄水器は、先程申し上げた通りの理由で、お湯を浄水することができません。では、水道水がカートーリッジ・フィルターを通過する前に浄水したらどうでしょうか。

つまり

「お湯を浄水するのではなく、浄水された水をお湯にする」

ということです。図にすると以下のような形です。

「セントラル浄水器『ソリューヴ』が浄水されたお湯を使える解説図」画像

「確かに。でもそんな浄水器あるんですか?」

セントラル型の浄水器は、一般的な浄水器のように、水道水の「出口」である蛇口に取り付け浄水するのではなく、「入口」に取り付けます。この「入口」とは水道メーターを境に住まい側すぐの場所です。これによりもう一つのメリットが生まれます。大元から浄水することで、住まいの全ての蛇口から浄水した水を使うことができます。

「セントラル浄水器『ソリューヴ』の設置イメージ図」画像

「なるほど!」

お湯の温度の35度とは

「お湯洗いの温度は?」画像

では、お湯の温度で35度といえば、実際どのくらいでしょうか。一般的にはぬるま湯の温度ですが、ここでは、生活の中で使われる温度のイメージとして考えていきます。

例えばキッチン周りに絞った場合、まずお湯を使う場面として料理がありますが、熱湯を使う場合は、ポットや鍋で沸かすことが多いと思うので、蛇口からそのまま使うわけではありません。

水道のお湯といえば、給湯器ですが、冬場の水洗いはどうでしょうか。キッチンにある給湯器の設定温度は何度でしょうか。寒い日が続く場合は、35度を超えていることもあると思います。また、キッチンとお風呂場で設定温度を分けていなければ、お風呂に合わせて40度を超えていることもありますので、そうなるとキッチンの水道水で洗い物などを行っている場合、その時点で35度の基準値を越えていることになります。

「確かにそうですね。毎日の洗い仕事で浄水器のフィルターのことを意識しながら、使うことってないですね。それに設定温度を変えるようなことはしていないし、そのような設定はできないものもあると思います。」

「そうなんです。意外と40度くらいのお湯は、普段の生活でもよく使う身近な温度と言えます。」

「うちのお風呂は42度くらいですかね。なので、キッチンも設定としては同じくらいの温度だと思います。そうなると、35度の上限はすぐ到達してしまいますね。寒い日には洗濯もキッチンの水洗いもお湯を使いますから…。」

「セントラル型の浄水器であれば、「洗濯」でも浄水されたお湯を使うこともできます。住まい全体を浄水できるほどのカートリッジ・フィルターの処理量なので、色々な場面で使うことができます。」

「お湯洗いはする機会結構ありますね。これは便利です。」

セントラル型の浄水器はお湯がたっぷり使える

「お湯洗いの温度は?」画像

「お湯が浄水できる浄水器があることと、そのメリットが見えてきました。」

「また、お湯といえば、お風呂やシャワーですが、当然セントラル型の浄水器の場合は、お風呂やシャワーでも浄水したお湯が使えるのが特徴です。」

「えっ!?お風呂を浄水ですかっ。今まで、そんなことイメージしたことがありませんでしたけど。」

「そもそもですが、浄水器をお使いになりたい目的はなんですか?」

「それは、水道水がカルキ臭いのがずっと気になってて、ようやっとつける感じでしたね。」

「そうですね。でも、「水道水が臭い」理由は決して塩素のカルキ問題だけじゃありません。ではこちらをご覧ください。こちらは、弊社セントラル浄水器『ソリューヴ』をお使いのお客様が、一年に一度カートリッジ・フィルターを交換した際の使用済みカートリッジ・フィルターと新品のカートリッジ・フィルターを比較した画像です。いかがでしょうか。」

「セントラル浄水器『ソリューヴ』1年間使用して汚れたフィルターと新品のフィルターの比較写真」画像

「え!ずいぶん汚れてますね。毎日使ってここまで汚れるんですか?浄水器がなかったら、この水を使っているってことですよね。これは、ショックです。」

水道水がまずい。臭い原因は、塩素やカルキ臭だけではなく、カビ臭やカナケ臭、それに老朽化した水道管の赤錆やゴミ、あとは有機物などもあります。それらの蓄積が、カートリッジ・フィルターの汚れになります。

セントラル型の浄水器のメリットは、住まいで使う生活水全体の浄水ですが、お風呂やシャワー、清潔を保ちたいトイレの温水洗浄や洗濯に至るまで、たっぷり浄水することが可能です。

「浄水器って飲み水だけじゃないんですね。」

まとめ

「いかがでしたでしょうか。お湯と浄水器の関係について、ご理解いただけましたでしょうか。」

「はい。とてもわかりやすかったです。お湯の浄水ってあるんだなっていうのがわかりました。」

「それはよかったです。では、セントラル浄水器については詳しく解説しているページをご用意しておりますので、そちらも一度是非ご覧ください。」

おすすめ関連記事

「以下の関連記事も、是非ご覧ください。」

【完全版】浄水器おすすめの選び方【2020年版】 セントラル浄水器(元付浄水器)とは?メリットとデメリット 【塩素!?】お風呂がピリピリして痛い理由は?
ソリューヴランディングページバナー画像