株式会社メイプルリンクのフリーダイヤルバナー画像
ソリューヴ法人向け販売プランバナー画像

環境省、有機フッ素化合物(PFAS)除去のための実証実験はじめる

作成日 :
「環境省、有機フッ素化合物(PFAS)除去のための実証実験はじめる」画像

「全国的に水道水の有機フッ素化合物(PFAS)の問題が話題になっていますね。国は何かそのための取り組みなどは行なっているんでしょうか。」

「確かに気になりますね。では、解説します。」

セントラル浄水器『ソリューヴ 』PFOS及びPFOA除去性能試験ページリンク画像 セントラル浄水器『ソリューヴ』性能試験結果ページリンク画像
セントラル浄水器『ソリューヴ』戸建て住宅向けLPバナー セントラル浄水器『ソリューヴ』公式直販ページリンク画像

まずは自己紹介

弊社、株式会社メイプル・リンクは、創業32年のセントラル浄水器メーカーです。セントラル浄水器『ソリューヴ』の企画・製造・販売を行なっております。長年セントラル浄水器の販売を行なっている弊社が、気になる疑問についてお応えします。

環境省、有機フッ素化合物(PFAS)除去のための実証実験開始

有機フッ素化合物(PFAS)の除去に向け環境省が各地での実証実験を開始し、この問題に対処するための新たな取り組みを始めました。

発がん性が指摘される有機フッ素化合物(PFAS)を巡り、水道水や生活用水の水源などで高濃度で検出された場合の具体的な除去技術をまとめた指針を環境省が夏ごろ策定することが16日分かった。政府関係者が明らかにした。国の暫定目標値を超えるPFASが各地で相次ぎ検出。健康への影響が懸念されており、自治体などが取るべき対応を明確にする。

共同通信 「有機フッ素、夏に除去指針 各地で検出、健康影響懸念」より引用

「これだけ全国的に問題になっているので、除去のための具体策は求められますよね。」

PFAS汚染の現状と懸念

PFASは、広く使用される化学物質であり、その特性からさまざまな産業分野で利用されてきました。しかし、その一方で、PFASが環境中に放出されると、地下水や生活用水などで検出されることがあり、その濃度が高い場合には健康への懸念が生じます。

岐阜県各務原市や沖縄県宜野湾市など、日本全国でのPFAS汚染が判明しています。特に、アメリカ軍基地周辺では高い濃度のPFASが検出され、地域住民の安全が懸念されています。このような状況下で、政府は積極的な対策を求められています。

実証実験の始まり

環境省は、PFAS除去技術の実証実験を行うことを決定しました。この実験は、地下水の汚染防止を目的として、沖縄県宜野湾市で開始されました。具体的には、PFASを除去する装置を用いて、地下水の汚染の防止に取り組みます。

この装置は、粉末状の活性炭を使用し、地下水をろ過する仕組みです。ろ過の状況はモニターに反映され、現地と遠隔の両方から確認できるようになっています。この実証実験で、ろ過前とろ過後の水を持ち帰って分析し、専門家による評価を行った上で結果がまとめられる予定です。

県内のアメリカ軍基地周辺で有害性が指摘されている有機フッ素化合物=PFASが高い濃度で検出されている問題で、環境省が地下水の汚染防止に向けた実証実験を31日から宜野湾市で始めました。
県内では、泡消火剤などに含まれ人体への有害性が指摘されている有機フッ素化合物=PFASが、アメリカ軍基地周辺の川や湧き水から高い濃度で検出されています。
環境省は、宜野湾市からの要請などを踏まえ、市内にある湧き水で国指定の重要文化財の「喜友名泉」で31日から実証実験を始めました。

NHK 「PFAS除去へ 環境省が宜野湾市で実証実験始める」より引用

一方で、活性炭などの除去技術の適切な管理や廃棄についても注意が必要です。岡山県吉備中央町のように、活性炭からのPFAS流出が問題視されています。政府はこのような事例を踏まえ、活性炭の使用後の適切な処理方法についても徹底的に検討し、指針やガイドラインを策定する必要があります。

吉備中央町の浄水場の水質問題に関連して、有害性が指摘されている物質が極めて高い濃度で検出された使用済みの活性炭が、備前市内に移されていることがわかりました。
吉備中央町の円城浄水場では、有害性が指摘されている有機フッ素化合物が、令和4年度までの3年間に国の値の16倍から28倍の濃度で検出されました。

NHK 「吉備中央町の水質問題 調査の使用済みの活性炭 備前市で保管」より引用

「なるほど。廃棄の方法を考えなければいけないほど、PFASの問題は深刻だということにもなりますね。」

安全と健康を守るための取り組み

PFAS汚染は地域社会に大きな影響を与え、市民の健康や生活環境に影響を及ぼす可能性があります。そのため、積極的な対策が求められています。この実証実験の結果は、他の地域や自治体にも提供される予定です。岐阜県や沖縄県だけでなく、東京都や神奈川県などでも高濃度のPFASが検出されており、地域ごとのニーズに合わせた対策が求められます。

【試験結果あり】有機フッ素化合物は浄水器で除去できるか試験 セントラル浄水器『ソリューヴ 』PFOS及びPFOA除去性能試験ページリンク画像 セントラル浄水器『ソリューヴ』性能試験結果ページリンク画像 セントラル浄水器『ソリューヴ』戸建て住宅向けLPバナー セントラル浄水器『ソリューヴ』公式直販ページリンク画像

まとめ

「いかがでしたでしょうか。環境省が有機フッ素化合物(PFAS)除去のための実証実験をはじめることについて解説しました。」

「はい。よく分かりました。」

おすすめ関連記事

「以下の関連記事も、是非ご覧ください。」

セントラル浄水器(元付浄水器)とは?メリットとデメリット 【何が問題?】水道水の塩素と除去対策を徹底解説 【証拠あり】 浄水器で水道水の赤錆は除去できます 【必見】お湯が使える浄水器は入口で浄水します 【お湯もOK】お風呂もシャワーでもおすすめの浄水器
ソリューヴランディングページバナー画像