株式会社メイプルリンクのフリーダイヤルバナー画像
ソリューヴ法人向け販売プランバナー画像

【脱塩素シャワーだけじゃない】お風呂も脱塩素できる浄水器

作成日 :
更新日 :
「【脱塩素シャワーだけじゃない】お風呂も脱塩素できる浄水器」画像

「最近、脱塩素シャワーが気になってます。乾燥しやすい肌質で、色々調べていくうちに水道水の塩素がお肌の保湿を奪って良くないという情報を知りました。塩素を抜く方法として、レモンを入れたり、沸騰させたり、長時間汲み置きするなど色々な方法をyoutubeなどでみましたが、一番確実なのは浄水器が効果的なのは分かりました。そこで、シャワーでもお風呂でも使える浄水器があれば教えてください。」

「最近は、飲み水だけではない浄水を求める声も多くなっています。特にお肌のケアが必要な方にとっては、「脱塩素」は気になるキーワードだと思います。では、そんな方にもおすすめの浄水器をご提案します。」

セントラル浄水器『ソリューヴ』公式直販ページリンク画像

まずは弊社のご紹介

弊社、株式会社メイプル・リンクは、創業29年のセントラル浄水器メーカーです。セントラル浄水器『ソリューヴ』の企画・製造・販売を行なっております。長年セントラル浄水器の販売を行なっている弊社が、気になる疑問についてお応えします。

水道水の塩素がお肌に良くないのは事実です

水道水には一定程度の残留塩素が含まれています。これは、雑菌などの一般細菌や水道管内の赤錆やゴミ・有機物などへの対策として、殺菌・消毒を目的に、浄水場で塩素を投入し水道管内で残留塩素を維持する公衆衛生基準が国で決められているからです。

この水道水に含まれる塩素の持つ殺菌や消毒効果の高い酸化作用が、肌のタンパク質に作用して保湿機能の低下と乾燥を促しています。

「雑菌対策は必要ですけど、お肌にはあまりよくないですよね。」

「そうなんです。水道水が家庭に供給されるまでは必要でも、実際に使うときには、塩素はない方が良いのは当然で、そこで、浄水器の役割が出てきます。」

プールや大衆浴場のベタつきも塩素

不特定多数の方が利用する大衆浴場やプールなどが分かりやすいですが、独特のベタつきを感じる人もいるかもしれません。あれも塩素です。家庭のお風呂と違って、大勢の人が入るので公衆衛生上塩素が使われています。

「あのベタつきは嫌ですよね。プールを上がった後、シャワーは必ず浴びます。シャワーを浴びてもなかなかサッパリしないですが…。」

「脱塩素」は全ての浄水器でできること

最近は特に、女性だけはなく男性も年齢とともに美容や健康に気を使う方が多くなってきています。その中で「脱塩素」が注目されていますが、基本的に全ての浄水器は「脱塩素」です。フィルターのろ材や大きさなどの違いはあっても、浄水器は塩素をろ過します。

もっと言えば、水道水のまずさや臭さの原因の一つが塩素にあるので、その意味では、ミネラルウォーターやウォーターサーバーなども目的は同じです。

ただ、お肌のケアや美容の観点から見ると、普通の浄水器はお風呂やシャワーなどで使うことができません。ほとんどの製品は、飲み水やキッチン周りの商品が多いでしょう。

一般的な浄水器はお湯を浄水できないという事実

実はほとんどの浄水器は、カートリッジ・フィルターの消耗の関係上35℃以上のお湯では使うことができません。一部対応できるシャワー浄水器はありますが、カートリッジ・フィルターのろ材である活性炭が膨張するなどの理由で推奨されていません。実際に起こる問題は以下のような問題です。

  • 1. 活性炭が膨張し、吸着(ろ過)した不純物が流れ出す。
  • 2. 浄水器本体やフィルターの部品(ゴムパッキン)などの消耗。

「では、お風呂では「脱塩素」は無理ということですよね。」

「実はお風呂でも「脱塩素」が可能になる浄水器はあります。それがセントラル浄水器です。」

セントラル浄水器という選択

セントラル浄水器は水道メーターの住まい側すぐそばに設置するタイプの浄水器です。一般的な蛇口取付タイプの浄水器とは異なり、住まいの入り口に直接取り付けるので、毎日の生活で使用する全ての水を浄水することができます。また、大元につけるメリットとして、浄水された水がお湯として使えるので、お風呂もシャワーも綺麗な水が使えるメリットがあります。それは、洗濯やトイレの温水洗浄まで同じように使うことができます。

「水を使うシチュエーションの図」画像

住まいで使う水やお湯を全て浄水できるので、カートリッジ・フィルターの大きさも大きいです。一方で、屋外設置なので室内の場所を取ることもありません。

「セントラル浄水器『ソリューヴ』の設置イメージ図」画像

「へぇ〜。でもこれも同じ浄水器でしたら、お湯は使えるんですか?」

「はい。その理由は設置する位置にあります。」

「一般的な蛇口直結型の浄水器とセントラル浄水器の浄水位置の違い」画像

通常の浄水器は、蛇口などの出口側で浄水しますが、セントラル浄水器は水道メーターすぐの場所に設置するので、つまりは入り口で浄水します。このことにより、お湯はフィルターを通過しません。ですので、厳密に言えば「お湯を浄水できる」のではなく「浄水された水がお湯になる」ということです。

「なるほど!!それで「脱塩素」のお湯が使えるんですね。」

「そうです。フィルターも大きいので、お風呂やシャワーで使っても、フィルターを頻繁に交換する必要性もありません。」

まとめ

「いかがでしたでしょうか。たった一台で「脱塩素」を可能にする浄水器があることがお分かりいただけましたでしょうか。」

「はい。「脱塩素」はシャワーだけじゃないんですね。よく分かりました。シャワーやお風呂の話をするなら、洗顔の時の洗面台も浄水できると良いですよね。」

「はい。弊社のセントラル浄水器『ソリューヴ』は「生活水全体の浄水」を提案しております。セントラル浄水器『ソリューヴ』の特設ページもご用意しておりますので、そちらも是非ご覧ください。」

おすすめ関連記事

「以下の関連記事も、是非ご覧ください。」

【塩素!?】お風呂がピリピリして痛い理由は? 【完全版】浄水器おすすめの選び方【2020年版】 【現実】水道水に浄水器が必要とされる具体的な理由 【必読】新築におすすめの浄水器がセントラル浄水器な理由 【必見】リフォームで知っておきたい浄水器 【全解説】マンションへのセントラル浄水器(元付浄水器)の設置と水道事情
ソリューヴランディングページバナー画像